【必見】モンダミンは危険性あり!?配合成分を調べてみた

calendar

モンダミンは大人だけでなく子供も使える洗口液。

信頼できるアース製薬のロングセラー商品なので安心して使っている方もいるでしょうが、危険というウワサもあります。

モンダミンを使って体に何らかの悪影響が出たら怖いですよね。

「危険ってウワサがあるけど大丈夫なの?」「危険性のある成分は含まれているの?」

といった不安や疑問をお持ちの方に、モンダミンの配合成分やその危険性について紹介していきます。

危険性はある?モンダミンの配合成分をチェック

モンダミンには「セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)」「グリチルリチン酸ジカリウム(GK2)」「トラネキサム酸」などの有効成分が配合されています。

CPCは殺菌作用があり医薬品のうがい薬やトローチなどにも含まれており、口内やのどの粘膜で細菌の増殖を抑える働きがあります。

GK2は生薬の甘草に含まれている成分で消炎作用があり皮膚用の外用薬、胃腸薬などの内服薬など様々な薬に使われているのです。

トラネキサム酸は赤みや腫れを引かせる作用や出血を止める作用がありますよ。

これらはすべて安全性が認められている成分であり、副作用などの危険性はありません!

他にもエタノールやTPP、TetPP、ブチルパラベン、POEセチルエーテル、リン酸Na、炭酸水素Naなどたくさんの成分が配合されていますが、すべて安全性が認められている成分。

モンダミンには体に悪影響を与えるような危険性のある成分は含まれていないので、安心してくださいね。

使用方法は必ず守ろう!モンダミンの注意点を4つ紹介

モンダミンは子供でも使用できるくらい安全性の高い商品ですが、注意しなければならないことがあります。

注意点を紹介するので参考にしてみてくださいね。

●使いすぎはNG●
モンダミンで口の中を殺菌し虫歯や口臭などのトラブルを予防することは大切ですが、使いすぎると逆効果になることも。

防衛機能のある体に必要な常在菌まで殺菌してしまうと歯の表面を溶かしたり、歯茎の炎症を引き起こすことがあるのです。

多くても1日6回までにとどめましょう。

●水ですすがない●
モンダミン使用後、口の中に液が少量残るためそれが嫌で水ですすいでしまう方もいるでしょう。

けど水ですすいでしまうとせっかくの薬効成分が流れてしまい、虫歯や口臭を予防できません。

口の中に液が残っていても危険はないので、水ですすがないようにしましょう!

●飲まないようにする●
モンダミンは危険ではありませんが、飲んでしまうと体に何らかの影響を及ぼすので絶対に飲まないようにしてください。

子供の場合は自分でクチュクチュできるようになるまで使用させないように。

もし子供が誤って飲んでしまったら下記を参考にして対処してくださいね。

・キャップ1杯程度飲んだ場合
水か牛乳をコップ一杯飲ませて様子を見ましょう。

・キャップ2杯以上飲んだ場合
水か牛乳をコップ一杯飲ませ、何らかの症状が出ている場合は危険なのでモンダミンを持参し病院を受診してください。

●アレルギーが起きる●
モンダミンに配合されている成分に対してアレルギーを持っている場合、アレルギー症状が出ることがあり危険です。

使用して発疹やかゆみなど何らかの異常が現れた場合、使用を中止し病院を受診してください。

アレルギーを持っている方はモンダミンの成分をよくチェックしてから使うようにしましょう。

モンダミンを誤って飲んでしまったり、アレルギー症状が出た場合の緊急時は下記に問い合わせすることをおすすめします。

電話番号:0120-81-6456(対応時間9:00から17:00まで/土日祝日年末年始は除く)

対応時間外の問い合わせは下記を参考にしてくださいね。

・大阪中毒110番
電話番号:072-727-2499

・つくば中毒110番
電話番号:029-852-9999