ムカっとする受け答え

保育園の頃は、素直でかわいくてよかったなぁ。なんて最近よく思います。
4月に小学校1年生になった我が子(女の子)は、最近すごく口がたちます。「明日の学校の準備やってね」「お風呂入るよー」と声をかけると「この動画(ユーチューブ)見終わってから」「テレビ見てから」「今ジュース飲んでるから」と返してきます。だいたいこのやりとりを5分ごとに3回くりかえしてから、私ももう我慢の限界だよという時に、ようやく動き出します。ひらがなの書き取りや足し算引き算の宿題を一緒にやっていて「書き順はこうだよ」「計算の答え違うよ」と私が言うと「あー、もうわかってる!」「わかった、わかった」「今やろうと思ってた」と本当にムカっとする受け答え。
保育園にいたときは、とてもやさしい話し方だったのに。保育園では先生がそれなりに優しく丁寧に一人ひとりの話を聞いてくれていましたが、小学校では人数も多く、先生も一人だけに構っていられないから、子供たちも自己主張が強くてガンガン言わないと生き残れないんだろうな。そんな中で言い方もきつくなるんだろうと想像しています。でも毎日、母子で言い合いするのにも疲れてきて「じゃあ、自分だけで宿題やれば、ママもうサインもしないから」なんて言い返してしまう自分にも嫌気がさしてきました。
で、どうしたかというとお風呂に2人で入っているときに「ママさぁ、わかったわかったとかいわれると悲しい気持ちになるんだよね?あなたはどう?」「ママが言わなかったら、宿題も学校の準備もちゃんとできないでしょう?忘れ物して先生に叱られるの嫌だよね。ママも学校であなたが恥ずかしい気持ちになっているのは嫌なんだよ」と話しました。
泡で遊びながら、静かに聞いていて「わかったぁ」とボソッとつぶやいた娘。
それから少し、キツイ言い方は治まったような気がします。
子どもだから親の気持ちなんてわからないと決めつけずに、正直に話すのもよいのかもしれません。